2017年02月07日

今週のレッスン1回目、インパクトまでは同じスピード?

先週木曜日にもレッスンに行ったのですが、動画を消してしまいました。orz
そこで言われたのはコックの維持。

それを受けての今日、まずはコックなのですが、、、それだけを意識しても身体が拒絶反応します。
どうしてもハーフウェイダウンあたりでコックをリリース、腕〜ヘッドまでを真っすぐにして長くてかたい棒をブ〜ンと振りたくなってしまいます。

「コックがダメならヘッドですね。ヘッドのほうが常にグリップより上にある、そんなイメージでどうでしょう?」

うん、こっちのほうがやりやすいかな。

「あとはどうしてもボールを強く叩きたいという意識が見えすぎですね。インパクトまでは等速スピードをイメージして下さい」

それもまた拒絶反応が、、、、。
どうしてもバチッと叩きたいんですよね。

ボールはない、素振り素振り、とイメージしてやっとこんな感じに。



「いいですよ、そんな感じでいきましょう」

ヘッドがグリップより上、等速、、、新しい課題が入ってこなければなんとかできそうだけど、、、って感じですね。



久しぶりのドライバーは自分的に今100歩。
どうもしっくりきませんでした。



posted by hinoe_uma66 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

今週のレッスン1回目、腕には上腕と前腕があるんだぁ

コーチに言われるほど順調とは思っていない私。(^^);

「これだっ!」

というきっかけが掴めていないのが原因でしょうね。
でも順調らしいので、その流れで今週もレッスンです。

まずは先週までのおさらい。



「まずまずですね。先週のことは意識できているようです。ただ、、、」

「相変わらず腕全体を右から左に流しちゃうんですね。それではパワーが逃げてしまいますし、自動的にヘッドが下がってアッパースイングになりますよ」

なるほどねぇ。
シャフトのしなりやベクトルの意識付けをしてもらって腑に落ちました。
脳内でのイメージはできているのですが、身体が、、、、。

なんとかそれっぽくやってみたのがこちら。



「うん、いい感じです。いい感じなんですけどただ、、、、」

コーチがコマ送りしながら色んなところをチェックしている模様。
そして

「あ”〜、そういうことですか」

「ハーフウェイダウンまでの流れはまずまずいいんですが、そこからインパクトまでの間に「前腕」をグッと右腰に近づけるような動きが欲しいんですよねぇ」

んっ?前腕って独立して動くものなの???
確かに最近はずっと腕を一本と思って動かしていました。
次回はそこを集中的にやられるようです。(^^);



posted by hinoe_uma66 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

今週のレッスン2回目:手首がキツイ

今日はガテン系がお休みだったので、夕方の空いてる時間を狙って行って来ました。

・脱力しながら
・右手の角度を維持して
・グリップエンドを股間にギュッ
さらに
・クラブの長さを意識してゆっくり

そんな意識でやっていたのですが、今日はマンツーマン。

「肩が回ってる」
「腕に力が入ってる」
「グリップももっとゆるゆるに」

言われればできるようにはなってきましたが、、、最後の一言二言が難しい。

「ハーフウェイダウンまで来たときにもう右手のコックを解放しちゃってるんですよねぇ。そこをもっと、もっと頑張って下さい」

「あと、グリップが一旦身体から離れて、あとから引きつけてますね。そこももっと身体の近くを通しましょう」

右手が苦しくなるぐらい我慢しなければならないと言われているのですが、どうしても途中でリリースしてしまいます。
そしてその動きが身体に染み付いているので、何も考えていないとすぐ。
もはやV字、いやI字でハーフウェイダウンまで持ってくるぐらいのイメージでないと。



「意識は伝わりますよ。そのイメージを続けて下さい。今はまだ感じられないでしょうが、そのうちシャフトとヘッドがどう動いてきているのがわかるようになります。力を伝えるのはそれを感じられてからですね」

まあ、今はな〜〜〜〜んも感じられません。
V字でハーフウェイダウンまできて「そこでグリップを止める」そこまでで精一杯。



アイアンはもっと余裕なし。
イメージする前にもう当たってしまっています。

「クラブが短くて重いですからね。その感覚は普通です、それでいいんです」

まだまだ「これだ!」という一筋の光すら見えないですねぇ。



posted by hinoe_uma66 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

今週のレッスン1回目、やっぱり腕を使っちゃってるんだ

まだまだ山の頂上が見えないどころか暗中模索状態ですが、それでも道筋だけは見えてきました。

・脱力しながら
・右手の角度を維持して
・グリップエンドを股間にギュッ

これを意識してやってはいるのですが、、、、

「う〜ん」

何なに?

「切り返しからハーフウェイダウンに行くまでにもうちょっとこう、グリップエンドを身体に向けるように持ってくるイメージでできないですかねぇ」

そう言われりゃやりますが、、、、

「そうじゃない!手を動かして持っていくんじゃなくて、そうなるように腰を切るんです」

むっ、むむむ、、、、

「なるほど、そうやって積極的に手を動かしていたから腕が止まらないんですね」

こういうことかな?



「そうそう、いいですよ。ヘッドがインサイドから入ってきてビューンって感じになりそうです」

確かに、シャフトがしなってヘッドが走る感じをちょっと感じます。

「ウッド系はしなってビューン、アイアンは重さでドーンですよ」

重さでドーン、ね。



感じは出てきました。
ただ、ちょっとスイングを大きくするとまるでダメ。
切り返しから急いで力んで全然違う感じになってしまいます。
焦らずじっくり、というより

「クラブの長さを感じながらゆっくり振る」

次回はこれがテーマになりそうです。



posted by hinoe_uma66 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

今週のレッスン2回目:グリップの引きつけ

今回もマシン独占を目指して真昼間に。(^^);

前回指摘された右手首を意識しながらスタートしましたが、、、う〜ん、やっぱりヘッドを感じるまでには至らないですねぇ。

「アイアンだとインパクトまでが速すぎて感覚が掴みづらいかも知れませんね。じゃドライバーで」

久しぶりにドライバーを握ってみました。
やっぱり長いなぁ。

シャフトが長い分だけしなりは少し感じますが、ヘッドは、、、軽いからでしょうか?あんまり(全く)感じられません。
それよりも、、、、恰好悪い。

アドレス時と比較してインパクト時のグリップの位置がやけに高いのが気になっていました。
自己分析では

1)ダウンスイングから膝が延びて腰が前に出て上半身が起き上がる or 上半身が起き上がるから腰が前に出る
2)グリップ位置が高くなる
3)ボールまで届かなくなるのでコックを開放

こんな流れだと思って試行錯誤しながら必死に上半身が起き上がらないようにしていました。
が、、、、上手くできないんですよねぇ。

そんなことをやっていると、コーチが近づいてきて

「見た目から入ってもダメですよ。その原因は相変わらずグリップを左に引っ張っているからです。インパクトのときにグリップエンドを股間に刺すように振ってみて下さい」

おっ、急に見た目もかわったじゃん!



相変わらず上半身は起き上がります(頭だけは必至に上を向かないようにしていますね^^;)が、それでもグリップは真ん中の線より下に行っています。
これ以前はこの線より上だったので大きな変化に感じます。

「そんな感じです。上半身は癖でもあるので今は気にしないようにしましょう。そのうち勝手にできるようになりますから」

・脱力しながら
・右手の角度を維持して
・グリップエンドを股間にギュッ

この流れですね。



アイアンも感覚が変わってきました。



posted by hinoe_uma66 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
score4Dec2016.jpg

scoreDec2015.jpg