前腕を回せない

常に同じぬるま湯環境のレッスンではちゃんと打てても現場ではからっきし。
そこを乗り越えるためのチャレンジに取り組んでいます。
今は

「前腕を回すこと」

今までの私、前腕を回せていないんですよね。
以前に何度か指摘されましたがすぐに忘れてしまい、結局は何10年も培ってきた「下手を固めたスイング」になってしまっていました。
前腕を回せていない代わりに腕を左に引く、手首でフェイスを返すことによって前に打っていました。

これを修正できないことには

「新しいスイング」

とは言えないと思いますので、そこを地道に取り組んでいます。
イメージ的には

フットサルからサッカーへ(これはあまり変わってないから却下)
・ハンドボールからバスケットボールへ
・バドミントンからテニスへ

コーチからの指示は

「まずは体を使わず腕だけで使い方をマスターしましょう」

両足を閉じて



さらには足をクロスして



地味、地味すぎてつまらない、けどできない!
あまりにもつまらないので来週には次のステップに進みたいです。

この記事へのコメント

  • hinoe_uma66

    新しい取り組みには時間がかかりますよね。私の場合は前腕を使わず、肩、上腕、手首、って感じです。既に追加で新しいテーマももらっています。「肩は腰を追い越さない」全てが「右に打て」と言われているようで違和感だらけです。
    2019年03月16日 08:05
  • かわせみ!

    こんにちは。かわせみ!です。
    私も前腕の回しに取り組んで1年程経過しました。
    レッスン当初は足の使い過ぎで腕を使いなさすぎるとの指摘から今日に至ります。。。なかなかものになりませんが、少しづつ良くなる事を願っています。
    確実に飛距離は伸びるのでなんとか身につけたいものですね。
    乱文失礼致しました。
    2019年03月16日 06:06