今週のレッスン3回目、やっぱり肩が回る

大きな一歩を踏み出した(ような気がする)今週のレッスン。
忘れないうちに、この身体の使い方に慣れるために今週は3回レッスンに行って来ました。

腰の回転、腕の脱力、インサイドアウト、、、色々出来つつあると思っているのですが、、、

「まあまあ、ちょっとずつ感じは出てきていますね。ではさらにもうひとつ」

まだ慣れてないのにまた新しい課題!?

「コックを解かず背中側からクラブを持ってきてみましょう」

これまた苦手な課題です。
今まで自分は(無意識ですが)まず当てにいくことを最優先、そのためハーフウェイダウン辺りでコックが解ける、ヘッドが背中側ではなく飛球線方向の後ろに位置する、そこから上半身と腕力でボールを強く叩く(だから一向にハンドファーストにならない)、、、こんな流れを身体が覚えてしまっています。

そこから徐々に理にかなったスイングに作り変えているわけですが、、、身体が拒絶反応を起こします。

今日のテーマもまあできないことできないこと。

「やっぱり腕でコントロールしようとしちゃいますね。グリップを下ろすタイミングが早すぎる&コックが解けるため、どうしてもしゃくるプレーンになっちゃうんですよね」

「思い切ってグリップをずっと下ろさいで振ってみて下さい」

身体は超拒絶。(^^);
違和感たっぷりながら何とかこんな感じに。



「これでもまだ肩が回っちゃってますけどイメージはそんな感じです。来週からはこれをやっていきましょう」

らしいです。

はぁぁぁ、大変。


DVD 左重心スウィングで芯に当たる! (<DVD>)
小暮 博則
日本文芸社
売り上げランキング: 105,990

この記事へのコメント