ゴルフ5オークビレッヂゴルフクラブをラウンド

超久々のラウンド、やっと行けました。
今回はあえてちょっとブルジョワなコースを選ぼうということで、行ってきたのは
ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(旧:オークビレッヂGC)」。

20数年前に一度だけ行ったことがありますが、超高速グリーン、池とバンカーだらけ、という思い出しかありません。

こちらのコース、だいぶ前に東鳩レディースという女子プロのトーナメントコースでしたが、当時から優勝スコアは+。
+7で優勝という年もあったそうです。
そんな難しいコースですが、今年、女子プロが帰ってくるということでその前にちょっと見学しに?行って来ました。

2017-06-17_08-12-22_311.jpg

こちらのコース、朝9時まで朝食無料(ビュッフェ)ということだったので、現地8:30集合として朝からしっかり充電しておきました。

2017-06-17_08-39-37_737.jpg

コースコンディションは

2017-06-17_09-33-40_963.jpg

9フィートは決して速くありませんね。
何でもトーナメントに向けてメンテ中とのことでした。
メンテはグリーンだけでなくバンカーも。
今まで硬い砂だったものを全部入替えフカフカの砂にするとのことで、あちこちのバンカーが修正地扱いでした。

2017-06-17_10-26-16_167.jpg

久しぶりのコース、覚えていたのはこんなところや

2017-06-17_12-11-04_831.jpg

こんなところや

2017-06-17_11-07-40_017.jpg

こんなところや

2017-06-17_15-35-38_867.jpg

こんなところなど。

2017-06-17_14-33-50_924.jpg

まあ相変わらずバンカーと池ばっかしだこと。

こんなハードなコースですが、昔の自分と今の自分は大きく違っているはず!
とにかく今までのレッスンで培ったものを発揮すべく、スタートホールからやる気満々です。
が、、、
そのやる気がずっと空回り。
グリップゆるゆるはできていたと思うのですが、とにかく左に左に、またはトップトップトップ。
なかなかレッスン通りにはいきません。
たぶんですが、久しぶりに広いところに来て目から入った情報で腕や肩がすっかり力んでいたんだと思います。

2017-06-17_10-55-30_070.jpg

フロント9はもうボロボロ、谷に3連発なんかもありました。
スコアは早い段階で諦め、バック9に向けた調整としました。
その成果か?フロント9の18番ホールでやっと「これだな」という感覚を掴みました。

2017-06-17_13-07-27_419.jpg

肩と腕の脱力だけでなく「インサイドアウト」これができていなかったと判断し、バック9はそれを意識してやった結果、大幅に改善しました。

2017-06-17_13-49-54_694.jpg

もちろん相変わらずのミスもチラホラありました。
それでも、ティーショットで前に飛ばし3WやUTも使いパーオンやボギーオンができるようになりました。
さらにバンカーショット。
偶然とは言え、ピンに絡んだショットが何本もありました(しかしそれを決められないのも私)。

2017-06-17_15-52-07_933.jpg

大きく悔やむのは2つ、いや3つ。

・右ドッグレッグの2番。キャディーからは「ドライバーだと突き抜けるがある、ベストは200~220ヤード」ということだったので3Wでティーショット、、、大きくダフって目の前の谷底へ(OB)。

・300ヤードない短いミドル5番。しかし池がパックリ口を空けて待ち構えており、キャディーの指示は170ヤード以下に抑えるかドライバーで右かグリーン手前のバンカーに入れるというもの。ドライバーを選んだ私はグリーン手前のバンカーへ。そこからちゃんと出してのバーディートライが、、、3パット。

・最終ホール、ドライバーは左に引っ掛けラフの斜面。目の前には木があり高い球を求められたが8Iでしっかり打てた、、、左に引っ掛け池ポチャ。

これらがなければ100切りだったのですが、、、

17Jun2017_oak.jpg

フロント9で打ち過ぎですよね。
まあこれが実力、というかラッキーもあってのこの結果、仕方ありません。

それにしてもここのグリーン、よく曲がりました。
見た目はちょっとスライスにしか見えないようなところでも大きく1m以上曲がるところがアチコチに。
9フィートでこれですからね、トーナメントのときはどうなっちゃうんでしょう。

フロント9は忘れることとして、バック9はミスもあっての44。
レッスンでやってきたことが徐々にできるようになってきている実感だけは掴めました(再現できるようになるまでが遅いけど)。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック