パンク修理のつもりがチューブ交換

先の月曜日、通勤途中でどうも後輪のエアが甘いことに気付きました。

とりあえずそのままオフィスに到着。
オフィスにも100均で買った空気入れを置いているので、汗だくになりながらエア注入しておきました。
そして帰宅時、、、やっぱり抜けてる。orz
これはパンクですね。

IMG_0107.jpg

購入してから約1年半、初のパンクです。
仕方ないので、購入した店舗に持ち込みパンク修理を依頼すると

「うちでは再発の恐れもあるので、個別のパンク修理はしていないんですよぉ。店としては1年ごとにチューブの交換をオススメしており、今回もやるならチューブごと交換になります」

えっ、今の時代ってそうなの?

自分が中坊のころは、愛車ロードマンのパンク修理を自分でしたものですが、、、。
初めてのときは、1個の穴を塞ぐために、さらに2個、自分で穴を空けてしまっていたっけなぁ~。

今は工具も持っていませんし、改めて工具を揃えて自分でやるつもりもありません。(^^);
高ければ考えますが、、、

IMG_0108.jpg

安いじゃん。
チューブってこんな値段なんですね。
もちろん部品代+工賃がかかりますが、大人なのでお金で解決、プロに任せることにしました。

IMG_0113.jpg

約30分で作業終了。
部品代834円+工賃1600円に消費税で2628円でした。

自分でやろうと思えばできる簡単なレベルの作業ですが、、、工具もないので今後もやりません。(^^);

IMG_0114.jpg

元のチューブを見せてもらいましたが、かなり劣化していたとのこと。
仮に今回、別の自転車屋でパンク修理しても、次にいつどこに穴が空くかわからない状態でしたので交換は正解でしょう。
ただ、となるとそのうち前輪も、、、ですね。
今は前と後ろで見た目が変わってしまったので、そのうちやろうと思います。


SCHWALBE(シュワルベ) 20×1.50/2.50用チューブ 英式バルブ 7DV
SCHWALBE(シュワルベ)
売り上げランキング: 31,365

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405889033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック