2017年02月27日

今週のレッスン1回目、腰を回し切る

月例に行くか行かないか?
その判断をする週となってしまいました。
このレッスンに行く前は8:2で「行かない」。(^^);
ダフる、シャンクばっかりじゃつまらないですしね。

夜のレッスンは混んでいるので今日はガテン系から直行!
先日のレンジでの練習を伝えてから見てもらうと

「なるほど、原因は腰の回転ですね」

えっ?そうなの?
自分はてっきりコックが早く解ける、力んで腕て打っているからだと思っていたのに。

「確かにそれもありますが、腰の回転が止まるから腕の行き場がなくなるんです」

そう言われれば、、、
今までの自分のスイングは、正対して腕で打ちたい気満々でした。
その腕で打つのも、ハーフウェイダウン辺りからインパクトまでにしなりを全て開放、バチッと腕力で打っていましたね。
その腕力が腕を左に引く原因、さらにその腕の勢いで上半身が回り、それにつられて下半身が回っていたんだと思います。

「何度も言っていますが、インパクトまではしなりを維持しないと」

・インパクトまでしなりをキープ
・腰は止めずにさらに回す
・その下半身の回転に引っ張られて腕が回るだけ

そんな感じをイメージして打ってみると



「おぉ〜、イメージ出てますよ。クラブも仕事してますね。これならラウンドできるんじゃないですか?」

、、、、いや、まだまだ出来る自信はありません。
確かに腕の抜け道ができて、ダフりも格段に減りましたが、まだ自信を持って振れるとまでは、、、。

今週のコーチの出金はあと1回、金曜日だけ。

・金曜日に復習
・土曜日にレンジでお試し

その結果で決めるって感じですかね。



posted by hinoe_uma66 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

今年初?レンジで打ち込み

今年最初のラウンドとなるか?
実は次の日曜日、今年最初の月例の予約をしています。

ただ、予約と言っても「キャンセル待ち」。
順番が1桁なのでたぶん回ってくるでしょうが、キャンセル待ちからの空きが出た連絡って金曜日なんですよね。

一応、そこをターゲットにレッスンに励んでいるのですが、、、そう言えばまだ今年一度も外で打っていない気が、、、。

とても違和感のあるスイング、どこに飛び出しどっちに曲がるのか?
また飛距離はどうなのか?
さっぱりわからないので、久しぶりにレンジに行ってみました。

2017-02-25_10-53-17_342.jpg

場所はいつもの大泉。
でも、久しぶりに来ると100ヤードって遠いですねぇ。

まずはゆっくり小さく、アプローチからはじめてみました。
ヘッドがずっと上を向いている感覚、手首を伸ばさない、、、当たり前のことがやっとできつつある実感。
スピンもかかるんですねぇ。

小さいスイングはまずまず。
ただ、、、、フルスイングにするとたんに昔の自分が顔を出してしまいますね。

ダフリ、シャンクのオンパレード。
違和感や力みからメチャメチャです。

力みは意識できたので脱力&70%ショットだといい感じになるのですが、それがフルショットになる途端に、、、
う〜ん、まだまだだなぁ。
これじゃラウンドは難しいですね。

今週のレッスン&土曜日のレンジで決めようかと思います。
(土曜日じゃ間に合わないけど^^;)



posted by hinoe_uma66 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

今週のレッスン3回目、引っ張るのではなく押す

いよいよ佳境?
全く馴染めない新しい取り組みのため、久しぶりに週3でレッスンに行って来ました。

回転、このイメージはなんとなくわかってきたのですが、コーチの顔はまだ「う〜ん」。
あーしてこーしてと言われながらやっていると、、、どうやらピンと来たようです。
そこで持ち出してきたのがソフトボール大の重いボール。

「インパクトまで軽くでいいんでちょっとこれを打ってみて下さい」

それをバツンと打ってみると、、、ボールはちょっと左にコロコロ。

「やっぱりまだアウトサイドインなんですよね。もっとインから入れてアウトに出すように」

インから入れるつもりなのなぁ、とコーチと話していると、やっとの原因が見えてきました。
それは「インパクトでヘッドを返してしまっている」

コーチの求めているものは

・インパクトまでハンドファースト
・インからヘッドを入れインパクトでアウトに出す

それに対して

・インパクトでグリップとヘッドがほぼまっすぐ
・そこからグリップを左に引いている

この左に引いているのが、コーチの求めるアウトに出す(押す)ことを再現しているつもりだったのですが、かなりズレていたようです。

コーチの求めることを再現させるためには、かなりインから入れてまるで右45度に打ち出し、さらにスライスさせるような感覚でとても抵抗があったのですが、、、



こんな感じになりました。

「あとは腕で打ちに行かないように。下半身と腕は同期ですよ」



こんな感じかなぁ。
とてもゆっくり振っているようですが、これでも今までよりクラブの重みで振れているとのこと。
馴染めるかなぁ?



posted by hinoe_uma66 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

今週のレッスン2回目、回転

昨日のレッスンがまったくしっくりこなかったことあり、今日も連荘で昼間のレッスンです。

図解では説明しきれないこともあり、まずは下手を固めたスイングの再現から。



まあ、こんな感じです。
自分ではとっても振りやすいのですが、これのアチコチにダメ出し。
これに対して求められているのはこんな感じ。



この大きな差はわってるんです。
わかってるけど、、、脳と体の不一致、なかなかこのように振れないんですねぇ。

そこで今日はコーチとじっくり競技、その結果

「水平移動ではなく回転」

ということにひとつの結論にたどり着きました。

昨日も出したこの図。

クリップボード01.jpg

なんで赤方向に振れないのかというと「全てが青方向の動きだから」ということが判明しました。
トップまでも青の逆方向に、すなわち図で言うと右方向に体重移動しながらクラブを上げ、そこから切り返して青の矢印方向に振っていたんですね(しかも勢いをつけて左方向に体重移動しながら)。

それに対してコーチが求めるのは赤方向、というか軸回転。

「右側ではなく後ろ側をイメージ、そこから戻ってくるんですよ」

cir1.jpg

こんなイメージかな?
そう言われてやっと赤方向のベクトルが理解できました。

さらに

「腕ではなく回転で打つんですよ。コックは維持するんですよ」

でこんな感じに。



「ほほぉぉ、イメージはいいんじゃないですか。あとはそれをしこたま練習して下さい」

とのこと。

自分の中では回転軸とコック、そして腕じゃなく下半身で打ってるようなイメージです。
ただ、、、段々と崩れてきちゃいますね。
コックが解けたり腕で振ったりでまだ10球に2、3球しか再現できません。

そんなこんなで時間切れ。
最後にドライバーを振ってみたのですが、、、



「ダメェ〜」

だそうです。orz
やっぱり左側に勢いをつけたい自分がいます。

「切り返しは回転させるというより元に戻すぐらいでいいです」

それは次回。



posted by hinoe_uma66 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

今週のレッスン1回目、慣れない馴染めない

今までのレッスンの中で一番馴染めない、難しいスイングに挑戦中の現在。
身体が左に流れ、その勢い+腕力で打っていたときと比べて真逆の動きに頭も体もついてきません。
とりあえずは「左右のコックを開放しない」という単一テーマでやっているのですが、、、それも10球も打つと忘れてしまう自分がいます。(^^);

いやぁ〜、これは難しい。
にもかかわらず、、、、

「コックを意識しながらも体の流れも抑えってみましょう」

って、、、無理だ!

「体を左に振るからコックが開放され、ヘッドが落ちてアッパー気味になってしまうんです。逆にコックをキープさせるための体の動きを覚えましょう」

って言われてもねぇ。

「さらにもうひとつ。グリップを左に引く癖も。飛球線方向というイメージがズレています。たぶん飛球線方向にヘッドを振りたいがためにグリップを左に引いてしまうと思うのですが、インサイドアウトという流れの中で飛球線方向は、、、」

クリップボード01.jpg

青ではなく赤の方向。

そんなにできねー!と文句を言いつくやってみて最後がこちら。



やっぱりまだ身体が左に流れグリップも左に引いていますが、これでもかなり頑張ったほうです。

ここが肝だと思って頑張ってみます。


ダイヤ(DAIYA) ゴルフ練習器 アプローチ名人(PAT) ゴルフ練習器TR-410
ダイヤ(DAIYA) (2013-04-18)
売り上げランキング: 1,466

posted by hinoe_uma66 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
score4Dec2016.jpg

scoreDec2015.jpg