2016年07月30日

月例の予約方法改善

最近、全く話題にしていないホームコースの月例。

・電話が繋がらない(20分〜30分かけ直しでやっと)
・繋がったらと思ったらキャンセル待ち数10人(結局入れるんですけどね)
・スイング改造中(いつまでなのか?自分でもわかりません^^;)
・暑い

以前は毎日暇を持て余していたので諦めなければ繋がったのですが、今は日雇い派遣労働的な仕事も片手間にやっています。
となると、繋がるまで電話をかけ直す時間と心の余裕がありません。

また、あと「1」ハンディが減るとCクラス→Bクラスに昇格。
どうせBクラスになるなら

「もう一度優勝」

して昇格したいです。

なので

「スイング改造に目処がたったら」

としていました。

そんなこんな思っている今、クラブから会報が届きました。

IMG_2559.JPG

前回優勝からもう半年以上経つんですねぇ。
写真を見ると、、、太ってる!
今はダイエットでだいぶ顔もシャープになりました。v(^^)v
、、、、
な〜んてことではなく、注目したのはこちら。

IMG_2558.JPG

やっとのことで改善されるんですね。
個人的には特にBが効果的だと思います。

今までは、古いメンバーがガーーーーっと連続枠を確保し、前日になってキャンセルキャンセルキャンセル、していたんだと思います。
それが2名までになれば埋まるまでの時間が遅くなることが期待できます。
それでも電話が繋がらないことにははじまらないんですけどね。

逆にAは反対だなぁ。
キャディの付くチャンピオンコースの美里だから好んで行ってたのに。
美里でセルフなんて、ちょっと曲げたら、、、と思うとぞっとします。

とりあえず、秋の復帰戦で優勝を目指すべく、もう少しレッスンを頑張ります。



posted by hinoe_uma66 at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

今週のレッスン2回目、消しゴムで後ろを向いたまま

今回もフニャフニャドライバーで。

前回指摘された

「消しゴムをねじって上はそのまま、下を先に動かしてそのスペースにシャフトをしならせたままドーン」

さらに、、、もっと右太もも内側を軸に回転も意識。
どうしても私、最初に左に移動しちゃうんですよね。
それがお尻の線が離れる理由でもあります。

今までのスイングはまず左に体重を移動させきり、捻転差を先に開放してしまって、しならせたシャフトも伸ばし切ってからインパクト。
でもそれだとボールにパワーが伝わりませんし、そもそもタイミング的に遅いので、手首を積極的に動かして方向をコントロール、てな感じです。
実際には頭でそんなことを考えてはおらず、体で調整していたんですけどね。

それをリセットしようとずっとやっているのですが、、、なかなか難しいです。
でも今回、少しイメージできたのが雑誌に載っていた松山のスイング。
コーチにそれを見せさせられ

「彼のスイングを見て下さい。インパクトしても顔(首)はまだ後ろを向いているでしょ。これは軸を意識しているからです。肩が回りすぎてしまうとシャフトのしなりは開放しちゃいます。軸を意識すれば左への体重移動、シャフトの開放は抑えられますよ」

と言われ振ってみたのがこちら。



「おっ!今日はいいじゃないですか。お尻の線を意識しすぎると狙いがズレてしまうので今は忘れましょう。このままでいいですよ」

らしいです。
ということでずっとこれを意識してフニャフニャドライバーを振り続けました。
そして最後に普通のドライバーを。



今までと全く違う感覚で違和感しかありません。
何より、自分で振ってる感がないというか、手首を戻す時間的余裕がなく、その前にボールに当たってしまいます。

「それでいいんですよ。今までのスイングがダメだったんですから。これ、いいスイングになりつつあります。このまま行きましょう!」

ということでした。



posted by hinoe_uma66 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

今週のレッスン1回目、久しぶりに言われた「消しゴム」

今週もフニャフニャドライバーでの練習からスタートです。

シャフトをしならせたままダウンスイング、右腰〜身体の中心でシャフトをしならせたままインパクト、そのあと勝手にヘッドが走って自然にフォローが取れる

う〜ん、難しい。
自分の身体はしならせたシャフトを反すようにインパクトしたいんです。
なのでそれを我慢するのがとっても大変。
それをずっと練習していると、、、



「う〜ん、イメージがちょっと違うんですねぇ。このスイングだと軸がありません。トップからそのまま身体全体で回っているだけ」

「以前話しましたよねぇ、消しゴムを捻る感覚。トップからまず下半身を戻し上半身はそれにつられて回ってくるイメージを持って下さい」

あ〜、そんな話しを聞いたこともありますねぇ。
そんなこと今言われたって、、、。
新しいことを2つ言われたら古いことを2つ以上忘れちゃうんですから。(^^);

こんな感じかな?



「うんうん、イメージは良くなってきました。これを辛抱強くやっていきましょう」

だそうです。
辛抱強くって、すぐいじるくせにぃ。



posted by hinoe_uma66 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

今週のレッスン2回目、シャフトをしならせたままインパクト

コーチがどんどん先に進んじゃって、、、。(^^);

「切り返しはだいぶさまになってきたんですが、やっぱり腰を前に出してさらに右手を返しちゃうんですよねぇ。それはクラブのパワーを解放する方向にしか作用しないので一生飛びませんよ」

「そう思って今日は、、、」

コーチがわざわざ私物のフニャフニャドライバーを持ってきてくれました。

この施設にもフニャフニャドライバーはあるのですが、コーチの私物はそれよりさらにシャフトが柔らかくトルクがないもの。

「これでシャフトをしならせたままインパクトさせてまっすぐ飛ばして下さい。そのためには右重心のままフォローまでいくイメージです」

これはまた難しい、、、。
右重心、シャフトをしならせたまま、インサイドから、、、、



「まずまずイメージができてきたんじゃないですか。このイメージのまま普通のクラブを振ると最初は右にしか飛ばないでしょうが、イメージ作りとしてはこれを意識して下さい」

とのこと。

実際、ドライバーを握り直してみると、、、



う〜ん、上手く振れないです。orz
この動画の場合だと、両グリップを左に引いてしまっています。

フニャフニャのイメージのまま、右腰〜身体の中心でグリップを止まり、ヘッドが勝手に走って(それでも右手の甲は返らない)自然にフォローが取れる、、、、それが目指しているスイング(らしいです^^;)。



posted by hinoe_uma66 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

今週のレッスン1回目、ヘッドじゃなくてシャフト

今日は連休最終日。
まあ、特に予定もない私は久しぶりにゆっくりくつろぎました。
が、、、明日からはまた肉体労働の日々。
となれば、行くなら今でしょ!
ということで、今週もレッスンに行って来ました。

今日もテーマは一緒。

「道具で打つ」

今までの私の打ち方って、ハーフウェイダウンでコックを解き、上半身のパワーでヘッドをボールに叩きつける、みたいなイメージでした。
でもそれって全く理に適っていません。

「まずヘッドを導く発想を捨てましょう。それがあるから上半身が回りすぎたり左にスウェーしたりグリップが左に流れるんです」

「シャフトのしなりとトルクで勝手にボールに当たって飛んでくれるんです」

まあ、言わんとしていることを理解できますよ。ただ、それが実現できないのが悔しい。
今日も色々試行錯誤しながら目指しているスイングに近づく努力を。
そんな中でハマったのがこちら。



シャフトをしならせたまま、グリップエンドを右太ももの付け根に刺す感じ。
これでやっとコーチからOKをもらいました。

ただ、、、フルスイングしてもフォローが途中で終わってしまいます。
この動画はフルスイングではありませんが、最後にフルで打ったのに同じようなフィニッシュでした。
その理由は

「まだグリップを左に流してる(右手首を返してる)からですね。それがもうフォローになっちゃってるんで途中で終わっちゃうんです」

まっ、今はそこじゃないですね。
このシャフトを使うスイングを何とか固めないと。
今週もう1回行けるかな???


健康堂 ゴルフ ボールラインマーカー
健康堂
売り上げランキング: 2,277

posted by hinoe_uma66 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
score4Dec2016.jpg

scoreDec2015.jpg