2016年06月26日

八洲カントリークラブをラウンド

天気予報は数日前から「降水確率80%」orz
以降、毎日天気予報を確認、参加メンバーとLINEでのやり取りは「やる?やらない?」

最終的には金曜日の昼の天気予報で「降らない!」と判断、決行することにしました。
そして現地では、、、

IMG_1806.JPG

どんよりとはしていましたが、結局朝から最後まで1滴も降ることなく回れました。v(^^)v
ただ、足元はビチャビチャ、バンカーは池になっており、メンタルとの戦いを強いられることは明白でした。

IMG_1803.JPG

コースのほうはうねりがそこそこ、アップダウンもそこそこあったものの、、、、このコースコンディションを考慮してか?ティーグランドがかなり前にセットされていました。
なのでドライバーさえ打てれば、2打目はショートアイアンという、ホールも多く楽と言えば楽でした。

IMG_1804.JPG

が、、、、グリーンが激遅!
新しいオフィスの高速グリーン?に慣れてしまったこともあり、フロント9は全てがショート。
1mぐらいでもショートするという状態でタッチが全く合いませんでした。

IMG_1805.JPG

さらに言えばフロント9の特に前半。
レンジでの練習を一切やらないまま久しぶりのコース。
3m先のネットに打つのとは見える景色が丸で違います。(^^);

IMG_1808.JPG

最初のころはどうしてもドライバーで振りたい気持ちが抑えきれず

・力んで
・切り返しが速くなり
・右肩が下がり
・左にスウェーしてアッパースイング
・右肩も回し過ぎ

でスライスorひっかけの連続でした。

IMG_1809.JPG

飛距離を求めていないだけアイアンはすぐにゆったりスイングに戻せたのですが、ドライバーだけはちょっと時間がかかってしまいました。
ちょっと=9ホール(^^);

フロント9ではドライバーでミス、アイアンでカバーするも、パットでショート、のリフレイン状態でしたが、そこは時間をお金をかけている私。
そのままで終わることはありません。
バック9でやっと最近のレッスンのリズムを取り戻しました。

IMG_1810.JPG

簡単に言えば脱力してゆっくり振り上げゆっくりハーフウェイダウンまで下ろし、あとはヘッドを待つだけ。
それでビューンと飛んでいってくれました。

パットもバック9では強気の勝負!
ショートしないことだけを意識してかなり強く打ちました。
打ち過ぎた!と思っても50cmオーバーするかどうか、最初から強気で打ってればよかった。(^^);

yashima25June2016.jpg

後半は出来杉君な感じもありますが前半は実力を発揮できず、なのでトータルではこんなもんでしょう。

レッスンは成果は確実に現れていると言えると思います。
あとは、、、メンタル。
マン振りせずミートを心がければいいショットが打てることが脳内でも理解できたので、次からは大丈夫かと思います。



posted by hinoe_uma66 at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

今週のレッスン1回目、肩とコック

そう言えば!
来週久しぶりのラウンドの予定がありました。
場所は初めて(たぶん)の八洲カントリークラブ
雨なら行きませんけどね。(^^);


そんな予定もあるので、そろそろラウンドに向けた最終調整をしなければなりません。
そこで今日は、実践を意識して新しいことはあまり取り入れず、先日までの時点の集大成とすることにしました。

この1年強のレッスンで意識するところは

・アドレスの取り方
・トップを気持ち小さく
・前傾を維持したまま
・右腰横にグリップを引っ張るのではなく落とすだけ
・あとは慣性モーメントでヘッドが勝手に走るので手首をこねることなくインパクト

って感じですかね。

さらに今日の指摘で

・素振りの時点からコックを解く癖がある。ヘッドは常にグリップより上に
・右肩を回してインパクトしようとするが、インパクト時点では肩はアドレス時と同じ、飛球線方向と平行

これらを意識して





現時点ではこんなところですね。

マン振りできないのが不満ですが、マン振り=どスライスorひっかけになる可能性が高いので、できる限り我慢します(ロングで我慢できる自信なしっ!)。

「これでもドライバーで200ヤードは飛びますよ」

ホントかなぁ???

取りあえず久しぶりにレンジで試してみます。
その上で来週再調整のレッスン、そして本番に備えます。



posted by hinoe_uma66 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

今週のレッスン1回目、高いハードルを一歩ずつ

先週から取り組んでいる新しいスイング。
が、、、、まだ頭の中で整理できていません。

言われていることは理解できます(日本語として^^;)。
しかし、それを自分の挙動で示すことがなかなかできません。
どこをどう動かせばどう見えるのか?そこがまだ繋がっていないため、試行錯誤の連続です。

目指しているところは

・前傾を維持したまま
・シャフトプレーンに合わせてクラブを下してくる
・右股関節辺りでアドレス時のグリップに戻す
・手首を使わずヘッドの運動のベクトルを邪魔しない

こんなところですね。

これを意識した結果、あとからわかってきたことですが、今までは積極的にグリップを引っ張り込み、さらに手首を使ってヘッドを反していた(コックも解いていた)ので、その真逆の動き、それになかなか馴染めませんでした。

スリークォーター以上のスイングではまだ難しいだろうということで

「まずは体で理解する」

として小さくゆっくり振ってやっと及第点をもらえたのがこんな感じ。



やっと当たるようになってきたので、今度は7Iで試してみます。
が、、、タイミングがまるで違うのか?全く当たりません。orz

「タイミングじゃないですね。クラブが短くて操作しやすいからまたグリップを引っ張りこんでいます」

それを修正して



「まだ全体的にコックが解けてヘッドが下がり気味ですが、これは相変わらず手首を使っているから。手首ではなく腕先のローテーションですよ」

゜∀゜!!
そーゆーことなの???
もっと早く言ってよ〜。

次回はコックを一切解かず(というイメージ)、腕のローテーションだけで振ってみます。



posted by hinoe_uma66 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

今週のレッスン2回目、超える前から高くなるハードル

昨日に引き続き今日もレッスンです。

「何もしない」

という、今までと真逆の動きにかなり苦労しており、どこをどう意識したらどういう動きになるのか?まだ頭と身体の信号線が繋がっていません。

ただ、そんな状況の中でもひとつ繋がったことがありました。
それは

「前傾≠頭の位置ではない」

昨日は、身体が起き上がらないように、頭を上から押さえるイメージだったのですが、どうやらそこじゃないんですね。(^^);

「前傾とは骨盤の向きですよ。いくら頭を下に向けたところで、骨盤が起きてしまっては意味がありません」

へぇぇぇ。



いつもの打席と違ったのでビデオシステムも異なっておりますが、左が今日の最初のころ、右が骨盤を意識したスイングです。
相変わらず自分じゃ違いがさっぱりわかりませんが

「イメージはいいですよ」

だそうです。

でも、、、その前傾がまださっぱり掴めていないのに、新しい課題まだ与えられてしまいました。orz

「手首の動きもそろそろ止めたいですね。それがあるとひっかけやスライスがコントロールできませんよ」

今までの私は、グリップを引きつけ、肩と手首を一生懸命動かしてヘッドを走らせていた動かして(ブレーキをかけて)いました。
そしてインパクトは左股関節あたり。

それに対して今日の課題は

・手首はハーフウェイダウンで止める
・ヘッドが自分を追い越すまで我慢
・インパクトのポイントは右股関節

全ては「イメージで」なのですが、これがまだ難しくて難しくて、、、。

何とかそれらしく見えるのがこれのようです。



今月一杯、これのようです。(^^);



posted by hinoe_uma66 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

今週のレッスン1回目、癖はなかなか

関東もとうとう梅雨入りです。
こんなときこそインドア!
まあ、時期に関係なく通っていますが、、、。

先週の課題を抱えたまま、今日もレッスンに行って来ました。

今まで時間をかけて培ってきた「下手を固めるスイング」。
それを簡単には直せませんねぇ。

・身体が起きて水平で振りたがる
・身体を伸ばして、肩を回して振りたがる
・スナップを効かせてヘッドを走らせようとしている

まあ、こんなところです。

「インパクトまでは窮屈に窮屈に。身体を解放するのはインパクト直前からフォローで、です」

言われることは理解しますよ、でもできない、、、、。(T_T)

まずはゆっくり振ってイメージを高め、その後に8割ショットでやっとこのぐらい。



「う〜ん、まだ癖は残っていますが、目指す方向はいいと思います。現時点ではパワーフェードってとこでしょうか。癖が消えれば強いストレートボールが打てそうな感じですよ」

ホントかなぁ?
でもまあ、言われたことを信じて前に進むしかありません。

要は「何にもしない」ということなんですよね。
前傾を維持して腰を小さくキュッと回すだけ、肩や手首はそれにつられてついてくるだけ、そんな感じを目指しています。



posted by hinoe_uma66 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
score4Dec2016.jpg

scoreDec2015.jpg