2013年5月現在、今までゴルフネタを中心に書いてきたこちらのブログですが、理論もヘッタクレもない、気分次第のその場のゴルフネタ中心でした。
そんな状態なので、スコアも3歩進んで3,4歩下がることばかり。
スコアの停滞とともに更新頻度も落ちてきていました。
そこで、これからはゴルフだけでなくスポーツ全般ネタを取り上げていきます。

2017年01月20日

今週のレッスン2回目:グリップの引きつけ

今回もマシン独占を目指して真昼間に。(^^);

前回指摘された右手首を意識しながらスタートしましたが、、、う〜ん、やっぱりヘッドを感じるまでには至らないですねぇ。

「アイアンだとインパクトまでが速すぎて感覚が掴みづらいかも知れませんね。じゃドライバーで」

久しぶりにドライバーを握ってみました。
やっぱり長いなぁ。

シャフトが長い分だけしなりは少し感じますが、ヘッドは、、、軽いからでしょうか?あんまり(全く)感じられません。
それよりも、、、、恰好悪い。

アドレス時と比較してインパクト時のグリップの位置がやけに高いのが気になっていました。
自己分析では

1)ダウンスイングから膝が延びて腰が前に出て上半身が起き上がる or 上半身が起き上がるから腰が前に出る
2)グリップ位置が高くなる
3)ボールまで届かなくなるのでコックを開放

こんな流れだと思って試行錯誤しながら必死に上半身が起き上がらないようにしていました。
が、、、、上手くできないんですよねぇ。

そんなことをやっていると、コーチが近づいてきて

「見た目から入ってもダメですよ。その原因は相変わらずグリップを左に引っ張っているからです。インパクトのときにグリップエンドを股間に刺すように振ってみて下さい」

おっ、急に見た目もかわったじゃん!



相変わらず上半身は起き上がります(頭だけは必至に上を向かないようにしていますね^^;)が、それでもグリップは真ん中の線より下に行っています。
これ以前はこの線より上だったので大きな変化に感じます。

「そんな感じです。上半身は癖でもあるので今は気にしないようにしましょう。そのうち勝手にできるようになりますから」

・脱力しながら
・右手の角度を維持して
・グリップエンドを股間にギュッ

この流れですね。



アイアンも感覚が変わってきました。



posted by hinoe_uma66 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

今週のレッスン1回目:右手の力感

腰の不安もあるので寒い時期は無理しません。
月例復活は3月以降とし、それまでは地道にインドアで新しいスイング作りにまい進します。

そんな今日はガテン系がお休みだったため、真昼間のレッスンに行って来ました。
あえて昼間、それは空いているから。
最近また夜の部が混んできたんです。
なのに動画をチェックする設備が2台に減ってしまったため、レッスン時間の半分は動画が見れない状態に。orz
見て納得するタイプ(できてるだけでなく、できていないことも^^;)なので、動画がないんじゃ意味がありません。
ということで、たぶんレッスン中、フルに設備を使える昼間にしました。

先週同様、脱力してヘッドを振るイメージではじめていたのですが、、、、

「う〜ん、なんか違うんですよねぇ。脱力はいいんですが力感までなくなっちゃってるんですよねぇ。グリップを引っ張るのも相変わらずだしぃ」

自分でもテコの原理を使えているように感じません。

コーチと色々話した結果、気付いたのは右のグリップ。
上下をコックとすればコックもそうなのですが、左右の動きも慣れ親しんだ下手を固めるスイングのままでした。

今の自分の右手の動きは

・ハーフウェイダウンでコックをリリース
・インパクトまでに手首を反す

意識はしていても、いつの間にかこれに戻っちゃいます。

「この2つとも止めるぐらいじゃないとダメですね。どっちもインパクトまで我慢して力を開放しないぐらいのイメージで打ってみて下さい、勢いをつけちゃうとなかなか体感できないのでまずは小さなスイングで」

ということで心と体が葛藤しながらやっとこんな感じに。



「そんなイメージです。右手を我慢するとヘッドがインサイドから入ってきて抜ける感じがあるでしょ?」

、、、、そんな余裕ないっす。(^^);

とにかくこの手首を使い方をみっちりやり続け、最後だけ8割ショット。



クラブの使い方と言うか動き方というか、、、、変わってきた感じだけはあります。(^^);


スーパーベント パターマット(SUPERBENT)45cm×3m(距離感マスターカップ付き)
PRO-GOLFSHOP(プロゴルフショップ)
売り上げランキング: 1,896

posted by hinoe_uma66 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

今週のレッスン3回目:クラブに振られる感覚

コーチからの新しい要求になかなか対応できないので、今週は3回も行ってしまいました。

右腰横でクラブを待つ、あとは勝手にヘッドが前に行く、その感覚がなかなか掴めません。orz
イメージは「でんでん太鼓」。
そのイメージは昔から頭の中にはありました。
ただ、、、実際、ボールを前にすると忘れちゃってますけどね。(^^);

何のためにインドアレッスン!?
飛距離とか方向性ではなく、スイング作りのために通っているもの。
それをもう一度思い出し、今更ながら「まずはスイングを固めること」に注力です。

どうすれば求められている姿になるのか(見えるのか)考えながら振り続けること10分、やっとそれっぽい感じを掴めました。



「おっ、やっと感じを掴めてきたんじゃないですか。何をしたんですか?」

これでいいのかぁ。

やったことは「超脱力」。
やっぱりボールを叩きたいがために力んでいたんですね。
特に腕。

「硬いクラブを真っ直ぐ強くボールに叩きつけたい!」

そんな感じになっていました。

そのイメージを捨て、柔らかい棒をしならせながら、ヘッドの重みで勝手に振られるイメージを模索し続けた結果、やっと力感がわかってきました。

あとは再現性。

「このイメージを何回連続して再現できるかゲーム」

そう自分に言い聞かせて振り続けました。

最後の1球はこの日一番大きなスイングで。



おっ、ヘッドが仕事してる感覚がありました。
これなんですね。

「いい感じですよ。これなら春には間に合うんじゃないですか」

もうちょっと早くなりませんかねぇ。(^^);



posted by hinoe_uma66 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン、レンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
score4Dec2016.jpg

scoreDec2015.jpg